背中 ニキビ 原因

背中ニキビの原因は皮脂や摩擦による刺激など

背中ニキビができて悩んでいる方もいるでしょう。
背中ニキビができる原因の一つは、皮脂の分泌による毛穴の詰まりです。

 

夏場には、汗をかくことも多く、背中も毛穴が詰まりやすい時期です。
そのため、汗をかいてそのままの状態が続くと、炎症がおきやすく、ニキビができ、悪化する可能性もあります。

 

背中は、できるだけ清潔に保つことで、ニキビ予防になります。
汗をかいたら、その都度拭き取るようにすることで、背中をきれいに保ちましょう。

 

ニキビができてしまった場合には、シャツなどの衣服がすれることで、背中もたえず刺激を受けることになります。
ニキビは、刺激を受けることで炎症が悪化することもあるので、できるだけ刺激を与えないようにすることも大切です。

 

皮脂の分泌量をある程度抑え安定させるには、ホルモンバランスが安定させることが重要だといえます。

 

生活習慣、特に睡眠不足などの場合には、自律神経やホルモンバランスに影響がでてしまうため、睡眠をしっかりと取ること、また規則正しい生活をすることでホルモンバランス乱れを正すように改善していくといいでしょう。

 

ニキビは悪化してしまうと治ってもニキビ跡が肌に残ってしまうことがあります。
ニキビ跡がクレーター状にへこみができてしまうと、元の肌の状態に戻すのは難しいといわれています。

 

しかし、それほど酷くないニキビ跡ならば、肌のターンオーバーを促進することで、ある程度、元の肌の状態に戻せるといわれているので、肌をきれいに保ちたい、またニキビを早く治したい方は、肌のターンオーバーを促進させるように、生活習慣や食生活を改善していきましょう。