背中 ニキビ 原因

背中ニキビの原因は大きく分けて2つの要因があるって知ってた?

背中ニキビの予防は、外的と内的なケアが必要です。

 

・外的ケア
背中ニキビを作らないため、毎日風呂に入りましょう。
これは清潔にするためですね。
夏は当然ですが、ボディソープなどを使って、汚れを落とします。
殺菌効果もあり、菌の繁殖も抑えます。

 

お風呂上がりには、必ず化粧水やジェル、ボディーローションなどでケアをします。
もしできてしまったニキビには、ひどくなったら、皮膚科や美容皮膚科に行き薬を処方してもらいましょう。
そして、ニキビ跡ができないよう、しっかりと治してください。
それが最良の治療法です。

 

・内的ケア
生理不順だったりする方は、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。
ビタミン剤などを飲んだり、規則正しい生活(特に睡眠)などに気をつけてください。
繰り返し背中ニキビに悩まされている方は、経過を見て皮膚科などに相談してみてください。
ホルモンの働きが悪くなっていて、自分では改善できないことになっていることも考えられます。

 

脂性体質の方は、コットンの服を身につけるのもお薦めです。
また、化粧水なども肌に合うものをつけること。
このことは、顔のスキンケアと同じで、肌質に合うものを使うことが大切です。

 

ニキビができる前、角質ザラザラ担っていたり、乾燥していることもあります。
何が原因なのか不安な時には、病院行きましょう。
しつこい背中ニキビは抗生物質に頼らなければならないこともあります。

 

そして、重要なことはニキビ跡は作らず、必ず治すことです。